最低限の家の価格と仕様

社長ブログ2016/12/24

皆さんこんにちは!

熊本の自然素材住宅会社、コスモホームの齋藤です

元気ですか!

 

さて、先日の続きを書きます。

『第4弾』

最低限の家の価格と仕様は、どのような物でしょうか?

 

まず、地盤調査は必要です。

そしてベタ基礎です、あとは土台と壁と屋根があれば居宅として登記ができます。

窓もいります、採光と換気が必要です。

そして入口ドアがあれば最低限の家になりそうです。

20坪位の平屋造りでこの仕様だったらいくら位でできるでしょうか?

普通の家と比べて入ってない物が

1F床 天井 内壁 給排水 電気工事 内装仕上げ クロス工事 塗装 板金工事 仮設工事(足場)等が入っていません。

断熱工事は吹付アクアフォームみたいな物ですればいいと思います。

普通20坪位ですと1000万円位は掛かりますが、半分から6割程度でできそうです。

切り詰めれば500万位でできそうで、半値位です。

 

そして、やっていない工事については予算の許す限りで自分でやってもいいですし

直接知り合いを通して工事してもらってもいいでしょう。

かなり安く仕上がると思います。

 

もっと安くしたいなら最低限の登記をしない事です。

土地のローンだけで住宅ローンを組むのです。

これはプロパー資金になると思いますが、土地ローンでは、多めに組んでテントを張ってテント生活です。

これなら100万円以下で生活ができますよね。

 

後は建てる人の好みで内容を追加していけばいいと思います。

これは、常識を覆すやり方です、まともでは安く家を建てるといっても

せいぜい10%前後くらいです。

どこの工務店やハウスメーカーも会社の経費が必要です。

 

さて、あなたの考えはどうでしょうか?

もし自分ならこうしようと思うという事がおありの方は

ぜひ問合せやメールをお待ちしております。

 

それでは第4弾を終わります、

 

さようなら