一年中素足で過ごせる桐の床板

社長ブログ2017/03/17

皆さんこんにちは!

熊本の自然素材住宅会社、コスモホームの齋藤です

 

だいぶ春めいてきました。

弊社は3月25日(土)12:00より花見会を

竜田山で開催予定です🌸

時間がある方はぜひ遊びに来てください。

 

さて、前回は無垢材(自然素材)・集成材などを紹介しましたが

今回も自然素材のお話しをしたいと思います。

 

今の住宅の床材には

赤松の無垢材(パイン材)が多く使用されています。

赤松は経年変化し、あめ色に変わっていきます。

赤松も魅力的ですが、弊社でおすすめしているのは

「桐の無垢板」です。

自称世界一の床板 と思っています!

 

特に、針葉樹は空気をいっぱい含んでいるので

板自体が柔らかく身体にやさしい板です🌳

 

ちなみに桐は木材ではなく草の仲間。

欠点もいろいろあります。

柔らかいので傷が入りやすい事と醤油やコーヒー等の

色水類は吸い込むのでシミになりやすいです。

 

一方、堅い木材の、桜・栗・オーク材などの輸入材は

傷や色が染みにくく耐久性があります◎ が!

冬には冷たいので、体の体温を下げてしまいます。

体温が高いと病気になりにくく、冷えると病気になりやすいので

傷やシミはついても、

病気になりにくく一年中スリッパがいらない針葉樹や

草の床板をすすめています。

 

弊社仕様の桐の床板や杉、桧、赤松はとってもいいと思いますよ!

傷や色も理解して一考かと諦めてください。

 

とにかく、(株)コスモホームは体に優しい病気にかかりにくい家で

住んでみて気持ちの良い家づくり。

キャッチフレーズは

『無暖房・無冷房・無結露住宅』です!

 

今後もノーメンテナンスでランニングコストが掛からない

家づくりを追及していく所存です。